スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前立腺癌ホルモン療法の副作用軽減方法

HOME>治療>前立腺癌ホルモン療法の副作用軽減方法

米国オハイオ州立大学の研究によると、前立腺癌のホルモン療法を受けている男性は、運動と食事によって、副作用の回避を有意に利益を得ることができると発表されました。

ホルモン療法(テストステロンを含む男性ホルモンを抑制=アンドロゲン除去療法)は、癌の促進を抑制しますが、それと同時に筋肉量が減少し脂肪を増加する事を意味します。
そしてそれは、心臓病や糖尿病などの他の健康問題の危険にさらされる事につながります。

研究では、32人の前立腺がんかんじゃを対象としました。半分筒ずつ2グループに分けて比較検討しました。
一つのグループでは、個人個人に適した運動と食事をプログラムし、他の半分の人は、癌診断に関連する基本的な教育だけを受けました。
そして、このプログラムを12週間行いました。
調査の前は、すべての男性は、過去6ケ月間に週に1時間未満の運動しか行っていませんでした。

運動療法は各人の能力に合わせて調整され、12週間の実験中に強度が増した運動になって行き、1週間に2回は1時間の監督セッションが含まれていました。
トレーニングには、脚伸展や二頭筋カールなどの体重負荷運動、トレッドミル、据え置き自転車、エリプティカル・トレーナーの有酸素運動が含まれていました。

食事は、植物ベースの食生活を採用することを奨励され、連邦政府と米国癌協会などの医療団体によって支持されている他の栄養指針に従うように、登録栄養士が指導しました。

その結果、運動食事プログラム参加グループは、平均して約4,4ポンド(約2kg)体重減少し、体脂肪率は2%以上低下しました。
一方、運動食事の管理をしないグループでは、平均して体重1ポンドの3分の1(約150g)と体脂肪量が2ポンド(約1kg)増加しました。 体脂肪率も1,8%増加しました。

2つのグループ間の差は、体脂肪率で4%、体重で約3kgの相違が生まれました。

また、移動度(歩行および階段昇降試験で測定)は運動食事グループで増加し、他のグループでは減少しました。
筋肉の強さ(脚の伸展と胸のプレスの練習で持ち上げたポンドで測定)は、運動食事グループで約20ポンド改善しましたが、他のグループでは変化はありませんでした。

研究者によると、この結果は短期間にもかかわらず良い結果がもたらされたとしています。

情報:EurekAlert
限局性前立腺がんのアンドロゲン除去療法施術の判断前立腺がん患者の疲労感軽減に気孔も参考にして下さい。
肥大した前立腺の自然療法
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 前立腺の病気(男性特有の悩み)
ジャンル : 心と身体

肥大した前立腺の自然療法

HOME>治療>肥大した前立腺の自然療法

良性前立腺肥大(BPH)は、不快な症状、最も一般的には尿や性的困難を引き起こす可能性があります。

これらの問題は、個人の全体的なQOLを低下させる可能性があります。 しかし、BPHは癌に関連しておらず、通常は重大な健康上の脅威ではありません。

BPHの症状を緩和するのに役立つ幅広い自然療法や生活習慣の変化など、いくつかの治療法を紹介します。

1、ピジウム(アフリカンプラム抽出物)=Pygeum

ピジウムは、泌尿生殖路に抗酸化作用および抗炎症作用を有する広範囲の脂肪酸、アルコールおよびベータ - シトステロールなどのステロールを含むことが示されています。
いくつかの研究では、1日に100~200mgのピグム抽出物を摂取するか、または1日2回に分割すると、BPH症状を軽減するのに役立つことが示されています。

2、ソウパルメット(ノコギリヤシ)

ノコギリヤシは、BPHを治療するために使用されていて、最も研究され、一般的なハーブサプリメントです。
いくつかの研究は、 テストステロンの産生を阻害し、前立腺の内層のサイズを減少させるため、最も可能性が高い。
しかし、 他の研究では、パームプラークのサプリメントの使用がプラセボと比較してBPH症状に何らかの影響を与えるかどうかを立証できませんでした。

3、Cernilton(セルニルトン)

一部の人々は、ライ麦の花粉から作られたハーブサプリメントを使用してBPHに伴う症状を治療しています。
しかし、 厄介な事に、膀胱を完全に空にすることができないこと、夜間に頻繁に排尿する必要があることなどがあります。
その人気にもかかわらず、セルニルトンは 、大規模な科学的研究においてBPH症状に影響を与えることは決して示されていません 。 しかし、それは前立腺の全体的な大きさを減らすのに役立つかもしれないと指摘している人もいます。

日本では、セルニルトン錠と言う商品名で1969年に薬と承認されています。

4、ククビタペポ(カボチャ種子)

カボチャの種子には、 コレステロールに似た化合物であるβ-シトステロールが含まれています。 ベータ - シトステロールは排尿後の尿の流れを改善し、膀胱内に残っている尿の量を減少させる可能性があるという予備的研究がある。
一部の研究では、毎日10gのカボチャ種子エキスBPH症状に服用することを推奨しています。

5、リコピン

リコピンは、多くの果物や野菜に見られる自然発生の色素です。 1つの研究は、BPHの進行を遅らせるのに役立つ可能性があることを発見した。
トマトは、ほとんどの人が利用できるリコペンの最も豊富な供給源です。 しかし、他のいくつかの果物や野菜は、この抗酸化物質のレベルが低くなっています。
通常、果物や野菜の色が濃いピンク色や赤色のほど濃いほど、リコペン含量は高くなります。

6、亜鉛

慢性的な亜鉛欠乏症は BPH発症の可能性を潜在的に高めることが示されている 。 亜鉛サプリメントを服用するか、または亜鉛の食事摂取量を増やすことは、前立腺肥大に伴う尿症状を軽減するのに役立ちます。

7、緑茶

緑茶には、免疫系を増強し、 前立腺癌の進行を遅らせることが示されているカテキンと呼ばれる抗酸化物質がたくさんあります。
緑茶にはカフェインが含まれていることを覚えておくことが重要です。 カフェインは膀胱を刺激し、尿失禁を引き起こし、BPH症状を悪化させる可能性があります。

上記7項目の使用に際しては、自己判断でお願いします。

情報:MNT
前立腺がん治療薬に乳癌治療薬追加が良い
前立腺患者の喫煙は、腫瘍拡散と死亡のリスク
前立腺がんの適切な治療のために
サーベイランスは低リスク前立腺がんで安全
前立腺がんの適切な治療のために
サーベイランスは低リスク前立腺がんで安全
関連記事

テーマ : 前立腺の病気(男性特有の悩み)
ジャンル : 心と身体

前立腺がん治療薬イクスタンジに新剤形

HOME>>前立腺がん治療薬イクスタンジに新剤形

「イクスタンジ(R)カプセル40mg」(一般名:エンザルタミド)の剤形追加として、「イクスタンジ(R)錠40mg」「イクスタンジ(R)錠80mg」が承認されました。

2014年5月に発売された前立腺がん治療薬イクスタンジは、長径約21mm、短径約10mmのカプセル剤でした。
ですから、経口で服用する時は飲み込みにくいものでした。

今回承認された新しい剤形は、錠剤になっています。
大きさは、「イクスタンジ(R)錠40mg」が、直径約10,1mm、厚さ約4,6mmの円形の錠剤です。
「イクスタンジ(R)錠80mg」は、長径約17,2mm、短径約9,1mm、厚さ約5,9mmの錠剤となっています。

用法は、通常、成人には有効成分エンザルタミドとして160mgを1日1回経口投与するものです。

ですから、イクスタンジ(R)錠40mgを服用する場合は、4錠。
イクスタンジ(R)錠80mgを服用する場合は、2錠となります。

どちらの錠剤もカプセルよりは飲みやすいと思いますが、40mg錠剤の方がより飲みやすくなっています。

商品名:「イクスタンジ(R)錠40mg」「イクスタンジ(R)錠80mg」

一般名:エンザルタミド錠

禁忌
 (次の患者には投与しないこと)
  本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能又は効果
去勢抵抗性前立腺癌

慎重投与
(次の患者には慎重に投与すること)
1. てんかん等の痙攣性疾患又はこれらの既往歴のある患者
2. 痙攣発作を起こしやすい患者

併用注意
痙攣発作の閾値を低下させる薬剤
フェノチアジン系抗精神病薬、三環系及び四環系抗うつ薬、ニューキノロン系抗菌薬等
CYP3A4の基質となる薬剤=ミダゾラム等
CYP2C9の基質となる薬剤=ワルファリン等
CYP2C19の基質となる薬剤=オメプラゾール等
その他、CYP2C8誘導剤、リファンピシン等

重大な副作用
痙攣発作、血小板減少

副作用
貧血、ヘモグロビン減少、白血球減少症、好中球減少症、心電図QT延長、頻尿、回転性めまい、悪心、下痢、便秘、疲労、無力症、末梢性浮腫、体重減少、食欲減退、関節痛、筋肉痛、背部痛、筋力低下、四肢痛、頭痛、浮動性めまい、味覚異常、錯感覚、嗜眠、ほてり など。

参考サイト:医療ニュースおよび医薬品医療機器総合機構

前立腺がん治療薬カバジタキセルの効果
関連記事

テーマ : 前立腺の病気(男性特有の悩み)
ジャンル : 心と身体

カテゴリ
サブカテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
糖尿病の最新情報
妊娠・妊婦・不妊の最新情報
赤ちゃん元気に育て!
乳癌治療最新医療情報
脳の病気医療情報
子供小児の病気医療最新情報
関節・骨・筋肉の医療最新情報
子宮の病気治療最新情報
皮膚の病気医療最新情報
肺の最新医療情報
新薬承認最新情報
生活密着の健康医療情報
胃・腸・食道の最新医療情報
心臓・血管・血液の最新医療情報
ちこっと寄ってかない
腎臓・尿・膀胱の最新医療情報
うつ病関連の最新医療情報
ワールド・ヘルス・インフォ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。